2009年08月23日

DQIX攻略日記〜目次〜


なんとなくドラクエIX(9)攻略日記の目次

です^^ご利用くださいw
ただし、ネタバレ盛りだくさんなので注意してください。





最新記事⇒22.ドラゴンクエスト\の最終評価


1.攻略開始〜オープニング
2.主人公、人間界に堕ちる〜ルイーダ救出
3.セントシュタイン到着〜パーティー編成
4.黒騎士〜イシュダル撃破
5.錬金釜〜ベクセリア
6.封印の祠〜病魔菌撃破
7.天使界に帰還〜女神の果実集め(ダーマの神殿)
8.ツォの浜〜カラコタ橋
9.サンマロウ〜北の洞窟
10.船入手〜ピタリ山
11.グビアナの城〜地下水道
12.エルシオン学院〜地下校舎&カルバドの集落(Introduction)
13.カルバドの集落&7つ目の女神の果実入手〜イザヤールの裏切り
14.主人公、ナザム村に墜落&ラテーナの過去〜魔獣の洞窟
15.ドミールの里&グレイナルとの出会い〜ガナン帝国の襲撃
16.帝国の囚人〜神の国
17.ガナン帝国に突入〜ガナサダイの消滅
18.エルギオスの真実〜絶望と憎悪の魔宮
19.エルギオスとの勝負〜エンディング
20.冒険はまだ終わらない
21.再会
22.ドラゴンクエスト\の最終評価



posted by shoya at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | DQIX攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

DQIX攻略22


ドラクエ9の最終的な評価

をそろそろしたいと思います。

まず単刀直入に言うと、私が出した結論は、「ドラクエ9はドラクエとしては失格だが、一般のRPGとしては悪くは無い」
です。
実を言うと、ドラクエは3、5、8しかやった事が無いので、あまりドラクエの「定義」の様な物は知りませんが、それでも自分なりに分かっているつもりです。

まず、Amazonのカスタマーレビューを見てみますと、今現在星1つのレビューが一番多いです。
ドラクエ9を酷評したレビューを何件か読んでみると、こんな言い方がよくされているんですよね。
「これはドラクエじゃない」

確かに、私にも分かるような気がします。でも、具体的にどこがドラクエじゃないんでしょうか?

まず一番酷評を受けているのは、ストーリーではないでしょうか?
基本的にストーリーは短く、主人公が人助けをするストーリーになっているような気がします(9に限りませんが)。
ドラクエと言うと、主人公と魔王の戦いと言った印象を受けます。
それにしたがって従来のドラクエシリーズでは、主人公が倒すべき相手が序盤からはっきりしていた事が殆どではないでしょうか?
それに比べて9は、一番最初は星のオーラを集める事、次は人助けをして何とか天使界に戻る事、そして次は女神の果実を集める事、次に帝国を打ち倒す事で、最終的にエルギオスを倒す事。
と、冒険の目的が1つに絞られていません。
これが、ドラクエ9が酷評される第一の理由だと考えます。

次に、戦闘のシステム
従来のドラクエは、戦闘中に仲間の姿が見える事はありませんでした。目の前にモンスターが居て、攻撃をしたり呪文を唱えると、その行動によって目の前のモンスターにエフェクトが掛かります。
そして、これが180°変えられたのは、ドラクエ8。
8では仲間が攻撃するシーンが完全に3Dアニメーションで再現され、戦闘にリアルさが増しました。
しかし、これはドラクエをずっとプレイし続けたプレイヤーにとっては、ドラクエらしさが無いでしょう。その証拠に、ドラクエ8も「ドラクエらしさが無い」と言う話も耳にしました。
9では8の戦闘シーンが引き継げられた上、今回のエンカウントは、フィールドに見えるモンスターに接触する事でバトルになります。
DQMジョーカーから公式に採用されたエンカウント方ですが、従来のドラクエでは、ダンジョンで迷いながら、ランダムエンカウントするモンスターを倒しながら、目的を達成する
と言うイメージがありましたが、今回のドラクエでは、慣れればいくらでもエンカウントを避ける事ができます。
つまりドラクエ9は、面倒なダンジョンでも、モンスターから逃げエンカウントを避ける事によって、いとも簡単にクリアできてしまうのです。(もちろん、レベル上げは欠かせませんが)
これでは、はっきり言ってモンスターから逃げるゲームです。
これが第二の要因ではないでしょうか。

第三に、無駄に多いクエストとダンジョン
アマゾンのレビューを読んでいると、「40時間ほどでストーリーをクリアして、200時間ぐらいかけてクエスト、錬金釜、ダンジョン、ETC.をやっているがまだまだ終わる見込みが無い」っと言う文を見かけます。
確かに言われたとおり、薄いストーリーに比べて、やりこみ要素が多すぎます。
従来のドラクエでは、せいぜいやりこみ要素といったら「隠しボスを15ターン以内で倒す」等ですが、今回は装備品やアイテムに「コンプリート率」が設定され、全て集めないと100%になりません。
気が遠くなるような話なので、私は未だにやる気が出ません。
その上クエストのクリア条件も、「なぜここまでシビアにする?」と言いたくなる物もあります。
つまり、このゲームはどっちかと言うとストーリーよりも、やりこみ要素重視なんです。
さっきも言った様に、ドラクエはストーリーや冒険がメインのはず。
やりこみ要素をメインにされては、古参のユーザーが憤るのも分かります。
更にスクエアエニックスは、「中古ゲーム屋に流出するのを防ぐためにやりこみ要素を多くした」と言っている様な発言もしています。
利益だけを考えて作られたこのゲームは、確かに酷いです。

その次に、主人公の存在。
今までのドラクエシリーズでは、主人公は人間でした。
(一部の些細な例外を除き)
しかし今回の主人公は天使としてスタートして、その後は人間とも、天使ともどちらとも言えない存在となってしまいました。
「なぜ人間であるはずのパーティーが天の箱舟に乗れるのか?」と言う疑問も残りますし、今回の主人公の半端さには正直がっかりでした。

その他、ドラクエ9が酷評される理由や、「ドラクエらしくない」と言われる理由は、

・据え置き機じゃない事。今までのナンバリングタイトルのドラクエは、必ず最新作は据え置き機(ファミコン、スパファミ、PS、PS2等)で発売されましたが、今回は最新作でありながらDSでの発売。
更に、DQ9がDSで発売された理由は、DQMジョーカーを低コストで作れたから、DSで作れば8よりも断然低いコストで作れるからだそうです。
本当に、ナンバリングタイトルをやった気がしません。

・サンディの言葉遣いがやけに現代っぽい。ドラクエといえば、中世ヨーロッパを感じさせる世界観が普通ですが、今回のサンディはその世界観をぶち壊している。

・セーブが一つしか作れない。最低でも、ドラクエは3つセーブが作れた覚えがあります(これも、スクエ二の販売台数を増やす手段の一つだね)。

ちなみに、「パーティーとの会話が無い」と言う点が批評されていますが、私としては、これはドラクエの特徴だと思います。
ドラクエシリーズには、ストーリーに関係点が無くとも仲間になるキャラは居ます。
それ以前に、もともとドラクエ1は一人旅で、ドラクエ3は今回と同じように仲間のセリフがありません。
ドラクエは「キャラクター達のドラマ」よりも、「主人公が悪を倒す」と言うコンセプトに重点を置いていると思います。



最後に。
私は正直、ゲームをプレイしていて「つまらない」と思ったゲームは1つもありません。
それは私のゲームを評価する感覚が鈍っているのか、それともゲームを上手に楽しむ方法を知っているのか、どちらかは知りません。
ドラクエ9も例外ではなく、ゲームとしては楽しめました。
しかし、ドラクエとしては残念な作品です。

以上が、私がドラクエ9をプレイした上で出した結論です。
最後の最後に一言言わせて欲しいんですが、ドラクエ9はストーリーをクリアしたら、通学や通勤の電車・バスの中等でで、こつこつやりこみ要素をやってください。10日間で200時間かけてやりこむよりは、10年20年かけて、暇なときにこつこつやったほうがいいと思います。そのための携帯ゲーム機で、中断セーブ機能だと思います。

最後の最後の最後に(苦笑)
またこれからも、ドラクエIXで面白い発見等があったら、新しく記事を書いていこうと思います。
その時は、日系アメリカ人のワケの分からん日本語で書かれたブログですが、何卒よろしくお願いしますm(_ _)m
私のメインのブログもよろしくお願いします。
ココロノカケラ
http://blog-kokoronokakera.seesaa.net

posted by shoya at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | DQIX攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

DQIX攻略21


ストーリー後のオリガのクエスト

をクリアしたらとんでもない事が起こりましたw

ツォの浜に行くと、漁へ出て行くようになったオリガ。
彼女は、本物のぬし様を見たいと言い出し、主人公にクエストの依頼をします。
ツォの浜に出現する巫女の幽霊にヒントを聞くと、どうやらぬし様には好みの格好があるらしく、ある一定の装備品を集めて装備すると出現します。
その事をオリガに伝えると、「私にはとてもじゃないけどそんな装備品は買えなくて・・・。もし良ければあなた方が・・・」みたいな事を言いますが、
じゃあてめぇを売って稼げや!!
なんて事はジェントルマンの私は言いませんw

貯金をはたいて、幽霊に言われたとおりの装備品を集めて崖の方に行くと、本当にぬし様が現れた!!
って、やっぱり戦闘になるのね・・・。

ぬし様を倒すと、オリガに父親のお守りを渡し、主人公に女神の果実を与えてくれます!
DSC00935.JPG
これが、エンディングで見た女神の果実だね。

ぬし様が海に帰ると、女神の果実を食べるか聞かれます。
DSC00937.JPG

そこで「いいえ」と選ぶと・・・
DSC00938.JPG
見えない何かに殴られます!もしやこの展開は・・・

DSC00939.JPG
**c* yes!!
・・・おっとw興奮しすぎてお下品な言葉を使ってしまいましたw
「はい」を選んで女神の果実を食べると、サンディが見えるようになります!!しかもどアップで!!

DSC00940.JPG
私もまたサンディに会えて嬉しいですwやっぱり、エンディングで「さよなら」なんて無いよねw

DSC00941.JPG
どうやらサンディは、ダーマの神殿でストーカーに転職したようですw(違うだろw)

天使の箱舟の中に入ると、アギロが!
DSC00942.JPG
って、違うよ!オレはオッサンに会いたかったんじゃなくて、サンディに会いたかったんだよ!!

DSC00943.JPG
何と!アギロは天の箱舟を自由に使っていいと言ってくれました!
これがドラクエIXでの空飛ぶ乗り物なんですねw
てっきり、グレイナルかと思ってましたけど。

DSC00944.JPG
天の箱舟を呼ぶアギロホイッスル。って、これあんたの唾ついてんだろw

と言う事で、早速乗ってみた天の箱舟。
・・・何か、小回りが効かないね^^;

まぁ、こんな感じで更に自由な旅ができるようになりました!
クエストとか宝の地図とか頑張るぞ〜!!

ちなみに、天の箱舟に乗って神の国へ行く事もでき、セレシアの力で絶望と憎悪の魔宮(ラストダンジョン)へ行く事もできます。
DSC00945.JPG

奥に行くと、またエルギオス(ラスボス)が!!
なるほど。今回はこうやってラスボスと何度も戦うんですね。

posted by shoya at 04:42| Comment(0) | TrackBack(1) | DQIX攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。